チャイルドケア・インストラクターの仕事とは

subpage1

チャイルドケアの分野は2種類に分かれており、1つはチャイルドケア・コーディネーター、もう一つは今回紹介するチャイルドケア・インストラクターです。チャイルドケア・インストラクターとはチャイルドケアの7つのコンセプトの知識を深め、チャイルドケアを実践するために必要な知識や技術力などを学び、指導できる力を備えた人の事を指すJAAという組織の認定資格です。



この資格を持っていて活躍できる場としては、チャイルドケア・インストラクターを招いた講師活動や認定加盟校に登録されることが出来ます。講師活動は主にチャイルドケアの普及を目的とした講演などを開くことができる権限を持っています。

ビジネスジャーナルの新しい情報です。

また、チャイルドケアスクーリングやセミナーなどにアシスタントとして参加し、子供達に指導を促すことも可能です。

ここで指導するチャイルドケアの定義とは、例えば自分の子育て経験を他者に活かしたり、例えば自然療法やセラピストを子育てに活用するという視点で、保護者の方の家庭力を踏まえた上で、子育てにおけるホームケアの普及を前提として考える学習体系のことです。つまり、チャイルドケア・インストラクターとなることによって、家庭のお母さん達への家庭支援への道へ繋がることになります。

ファクタリング情報を見付けていただくため、様々な情報を集めました。

この職の前提にあるのは福祉の精神です。
子育てという誰もが初めての体験の中で命を守り育んでいくサポート役として家庭に入っていくことで、すべての子供達に健やかで安心できる環境での育ちを提供するための仕事であり、非常にやりがいのある仕事です。

意外な真実

subpage2

チャイルドケア・インストラクターは日本アロマコーディネーター協会(JAA)が認定する資格です。チャイルドケア・インストラクターとは、アロマやハーブを用いて、赤ちゃんから小学校低学年の子供を対象に健康法や自然療法、マッサージなどについての知識を得る資格です。...

next

納得の知識

subpage3

チャイルドケア・インストラクターは、ケアライセンスの中の2つあるライセンスの内のひとつです。コーディネーターの資格を取得してから手順を踏んで資格を取得します。...

next

わかりやすい情報

subpage4

そもそもチャイルドケアというのは海外の保育園や幼稚園で行われることがほとんどでした。それが今日では日本の保育施設でも取り入れられるようになり、保育の現場だけではなく多くのママたちの関心をひいています。...

next

仕事の特徴紹介

subpage5

チャイルドケア・インストラクターとは、チャイルドケアに関する知識を持ち、実践する方法を指導できる人物であることを示す民間資格です。ここでいうチャイルドケアというのは、自然療法を取り入れた、子どものためのケア方法です。...

next